快適な暮らしをしていくこと|防音対策・リフォーム工事などの特徴


The inner housing repairs

汚れ

Interior repairs

ブラインドクリーニングのこれまでの歴史や変遷について紹介します。 1955年に高木和文氏が高木設備を創業します。 これが国内最古のブラインドクリーニング工場になるのです。 1958年に社名を日立整備株式会社と改めます。 ブラインドクリーニングの基礎をこれ以後、学び始めます。 当時、ステン昇降であったものをブラインドのナイロンコード化にして各メーカーに提案します。 縦型ブラインドのワンコントール式特許を取得します。 その特許はメーカーに譲渡することによりさらに普及したのです。 その他にハウスクリーニング会社の日本初ブラインド超音波洗浄機器導入など洗浄の技術も進歩していったのです。 これによりブラインドクリーニング技術は約半世紀で普及したのです。

これからの今後の動向についての予測をします。 今後はもっと進歩し明るい未来が見えます。 各企業だけでなく一般家庭にも必要としている人が増えるでしょう。 利用者は業者を的確に選択する必要がでてきます。 業者は時代に合わせた需要を取り込み、サービスの価値を高めます。 クリーニングサービスの固定客が増える傾向になります。 リピーターが増えて、定期的にブラインドクリーニングする家庭や会社が増えます。 汚れという物は月日が経つごとに増えるので、業者のニーズが多くなります。 なので、清掃業務の幅も増えるでしょう。 こうした需要を取り込むことで大きく成長すると予測します。 ブラインドクリーニングは堅調な業種として普及するでしょう。